• プロモーション
  • レビュー

部屋干しの乾燥時間を劇的に短縮! 1台3役のサーキュレーター衣類乾燥除湿機

豊泉陽子:編集者
豊泉陽子:編集者

毎年梅雨時期になると私を悩ませるのが「洗濯物が乾かない問題」。我が家には2人の子供がいるため、体操服や保育園の布団カバーなど、“金曜に持ち帰って月曜に持っていかなければいけないもの”があり、土日に天気が悪いとこの問題に直面してしまうのです。
洗濯機で乾燥させることもできますが、縦型を使用しているため時間がかかり、シワも気になる…そこで注目したのがアイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機です。

何やら衣類の乾燥だけでなく、1台で3役もしてくれるらしい…その点にも惹かれて梅雨時期を前に試してみることにしました!

除湿機×サーキュレーターで洗濯物をスピード乾燥

この商品の特徴は、除湿機とサーキュレーターが一体化しているところ。

上の部分がサーキュレーター、下の部分が除湿機という作りになっています。
除湿機内のヒーターを利用して乾燥させた空気を、サーキュレーターで直接洗濯物に当てることですばやく乾かすという仕組み。さらに、除湿機能を活かして洗濯物から蒸発した水分も取り除き、カビや結露の発生も防いでくれるのだとか。

使い方はとってもシンプルで、電源プラグをコンセントに差し込んだら、本体の上の面にあるボタンで操作。

お好みの運転を選ぶことができ、「除湿」ボタンを押すたびに除湿のモード(強さ)が切り替わります。同様に「サーキュレーター」のボタンでは風量を選択することが可能です。
あとは洗濯物などに向けて風向きを調整するだけ。
このシンプルな操作が機械音痴(というか説明書を読むのが大大大の苦手)な私でも全くストレスなく扱うことができています。

実際に使ってみると、縦長で64cmの高さがあるので、洗濯物に風を当てやすい! 我が家にはもう1台サーキュレーターがあるのですが、高さがなく、洗濯物との距離ができてしまうため、衣類乾燥に使用したことはありませんでした。こちらは衣類乾燥を主軸に作られているため、使い勝手の良さを実感できます。

除湿も「強」、サーキュレーターも「強」に設定すると、なかなかの大風量! ヒーターで加熱されているため、やや暖かい空気が出てきます。締め切った室内で使用すると室温が上がるため、夏場は窓を開けるなどした方が良さそうです。

首振り機能搭載で、乾きムラの心配なし!

上面には「首ふり」というボタンもあり、このボタンを押すことで、サーキュレーター部分が横に首ふりを開始してくれます。この機能がとっても便利! 一般的なサーキュレーターだと、風を当てる向きが固定されてしまうため、どうしても乾きムラが出てしまいます。しかし首振りすることによって、満遍なく風を当てることができるので効率的!
首振りの範囲は50° 70° 90°と3つの中で選べるため、洗濯物の量によって決めています。

また、サーキュレーター部分は上下の角度も調節可能。こちらは手動で水平〜90°まで、6段階で選べます。こちらも洗濯物の高さや大きさ(長さ)によって調節できるので、利便性が高く、お気に入りのポイントです。

メーカーの公式サイトでは「自然乾燥に比べ乾燥時間を約1/6に短縮」と記載されています。「本当にそんなに早く乾くのかな?」と半信半疑でしたが、除湿も「強」、サーキュレーターも「強」に設定して使用すれば、(洗濯物の量によって差はありますが)2時間くらいで薄手のものは乾かすことができます。室内干し特有の生乾き臭を感じることもありません。

天気の良いときには基本的には屋外に洗濯物を干しますが、取り込む時間帯が遅くて湿気を含んでしまったり、乾燥仕切れなかったものを乾かすのにも便利で重宝しています。

また、タイマー機能(2時間・4時間・8時間で自動的に切れる)があるので、就寝前にセットすれば就寝中も安心して使えます。

また、サーキュレーター部分は上下の角度も調節可能。こちらは手動で水平〜90°まで、6段階で選べます。こちらも洗濯物の高さや大きさ(長さ)によって調節できるので、利便性が高く、お気に入りのポイントです。

メーカーの公式サイトでは「自然乾燥に比べ乾燥時間を約1/6に短縮」と記載されています。「本当にそんなに早く乾くのかな?」と半信半疑でしたが、除湿も「強」、サーキュレーターも「強」に設定して使用すれば、(洗濯物の量によって差はありますが)2時間くらいで薄手のものは乾かすことができます。室内干し特有の生乾き臭を感じることもありません。

天気の良いときには基本的には屋外に洗濯物を干しますが、取り込む時間帯が遅くて湿気を含んでしまったり、乾燥仕切れなかったものを乾かすのにも便利で重宝しています。

また、タイマー機能(2時間・4時間・8時間で自動的に切れる)があるので、就寝前にセットすれば就寝中も安心して使えます。

除湿機とサーキュレーターを単独で使用できるので、一年中活用できる

衣類の乾燥だけでなく、除湿機とサーキュレーターをそれぞれ単独で使用できるところが「1台で3役」と呼ばれる所以です。
上面のボタンで「除湿」だけオン、「サーキュレーター」だけオンにすることで単独運転してくれます。

私はリビングの空気を入れ替えしたいときなどに、窓を開けつつサーキュレーターを稼働させています。窓を開けるだけよりも、効率的に換気ができるように感じます。

湿気が気になる時期は除湿機としても活躍してくれますし、エアコンを使う夏場や冬場には空気を循環させることで冷暖房効率が上がり、節電にも繋がりそうです。

まだ使い始めて日が浅いですが、これから一年中活用できそうで、楽しみにしています。

スペースを取らずお手入れも簡単!

一年中活用できるものなので、置き場を確保しなければいけませんが、その点でもこちらは優秀! よく見る除湿機に比べると横幅が狭く、家具の隙間などに収めることができます。サーキュレーターと除湿機が一体化しているので、2台分のスペースを取らずに済むのも嬉しいポイント。

気になるお手入れも簡単! たまった水は水タンクを引き出して排水しますが、カバーが付いているので片手でも扱いやすい◎。水タンクとカバーは1カ月に1度丸洗いすればOKです。

埃がつきやすい除湿機部分の背面は、吸気口カバーを外し、カバーと本体の吸気口を掃除機で掃除します。さっと吸うだけですばやく埃を取ることができます。

サーキュレーター部分は前面のガードの左右のつめを同時に押すと簡単に取り外しができます。実はココ、私にとってかなり重要なポイント。サーキュレーターのガードって割と埃が気になるのですが、元々持っている海外製のサーキュレーターは、わざわざドライバーを使ってネジを外してガードを取り外す必要があり、それが面倒で使わなくなってしまった経緯があり…こちらの外しやすさに感動! 内側の回る部分も、簡単に埃を取ることができます。

パーツも少ないため、めんどくさがりな私でもノーストレスでお手入れができています。

これまで、衣類乾燥除湿機には手を出せずにいましたが、こちらは本当に使い勝手がよく、もっと早くにゲットすればよかったーと思っています。今は心強い味方をつけた気分で、もう梅雨の土日も怖くない! 梅雨時期だけと言わず、一年中頼りにしたい存在です。

※記事の内容は2023年6月公開時点のものです。アイテムの価格・仕様や販売状況は予告なく変更となる場合があります。