• レビュー

キャンプもリモートワークもOK! コンパクトで機能的なポータブル電源

篠原泰之:編集者・ディレクター
篠原泰之:編集者・ディレクター

ちまたではブームを通り越して定番のカルチャーと化してきたアウトドア。僕もご多分に漏れず、休みには山や川を求めてキャンプをする日々です。

でも自然を欲しているとはいえ、電源がない環境は、照明やスマホの充電が使えなかったり何かと不安になるもの。そこでたどり着いたのが、コンセントがない場所でも電気が使えるJVCのポータブル電源。アウトドアはもちろん、それ以外でも思った以上の活躍をしてくれる優れものでした。


3WAY電源と出力200Wで楽々チャージ

このポータブル電源には、家電でよく見るコンセントプラグを使えるAC100Vが1口、パソコンやスマホに使えるUSB-A端子が2口、車載でよく見かけるシガーソケット端子が1口の合計3種類が搭載。普段家で使っているコンセント付きの家電やスマホの充電、車で使っている電化製品も使うことができます。

USB端子は2口あるので、複数人でのキャンプなどでも充電の取り合いにならないところも意外とうれしいポイント。

気になる容量は375Wh(10万4400mAh)の大ボリューム。スマホの充電は約21回できて、アウトドアでも使いやすい12WのLEDライトであれば約26時間も使用可能です(機種や環境によって差異あり)。AC定格200W・瞬間最大400W出力というスペックなので、テントの中で扇風機や電気毛布を使うことだってできるんです。

それから、シンプルで分かりやすい表記にも注目。オシャレなデザインのものだと英字表記が多いのですが、これは読みやすい日本語表記。発光する液晶モニターにバッテリーの残量が常に表示されるので、暗い場所で使うことが多々あるキャンプにもぴったりです。

まず使う前に、本体の充電をお忘れなく。コンセントに挿して約12.5時間でフル充電完了です。いざ電源を使用する時もとてもシンプル。使いたい端子の横にある入/切のスイッチを押して、緑のランプがついたことを確認したら端子を差し込んでチャージするだけ。自宅にいる時と変わらず電源を使うことができます。

あちこち持ち運んで、幅広い日常シーンで活躍

せっかくの高い機能性があっても、大きくて重いと使わないんじゃ…という人もいるかもしれませんが、JVCのポータブル電源は重量3.6kg。
さらに持ち手がついているので、女性でも片手でヒョイっと持つことが可能。持ち手は滑り止め加工が施されていて、使わない時は折りたたむことだってできちゃうんです。サイズも幅231mm×高さ168mm×奥行き134mmとコンパクトなので、たくさんのギアを持ち運ぶキャンプでも大助かり。

僕はキャンプ用に手に入れましたが、実は自宅でも活躍してくれています。

例えば、コンセントが埋まりがちなキッチンに持ち込んで、レシピサイトや動画を見ながら料理をすることも。逐一レシピを見ながらでないと調理工程が合っているのか不安になるタイプなのですが、ポータブル電源があれば長時間かかる凝った料理でも大丈夫。充電切れを気にすることなく、タブレットやスマホをつないで作り方を確認しながら調理ができます。レシピは頭の中にあるから大丈夫、という人は、好きなYouTubeなどを観ながら料理をすれば、いつもの家事が楽しい時間に変わるかも?

そして、仕事においても活躍してくれるこのポータブル電源。僕のように自宅が仕事場の人だと、ずっと同じ場所でモニターに向き合うのは飽きてくるもの。でも、これならバッテリー残量を気にせず自由にパソコンを移動できるから、ソファやベランダなど好きな場所で気分転換しながら仕事をすることが可能なんです。

趣味のキャンプでも欠かせない存在

大自然の中でおいしいものを食べ、好きなお酒に酔いしれることができるキャンプですが、暗くなったり寒くなったりとうれしくないことも起きるのがアウトドア(この日はベランピングですが)。でも、ポータブル電源があれば灯りをつけたり、暖房器具を使うことができたり、さらに、プロジェクターを持ってきて動画を観れたりと、アウトドアシーンには電源があることで得られるメリットがたくさんあります。

また僕の場合、フリーランスで仕事をしているので平日にキャンプに行くこともあるのですが、どうしても急な対応作業が発生してしまうことも。そんな時のためにキャンプ場にもパソコンを持参しているので、作業中はポータブル電源が心強い相棒。パソコンを開いて電源を繋げば、そこはもう仕事場です。

キャンプギアにもインテリアにもマッチするデザイン

このポータブル電源はサンドベージュを効かせたイマドキなデザイン。機能的な工業デザインテイストなので、家に置いてもインテリアを邪魔するどころかオシャレさを格上げしてくれるほどです。

中身(機能)はもちろん、見た目もイケてるJVCのポータブル電源。今後も、自宅でもアウトドアでも大活躍の予感です。

※記事の内容は2021年11月公開時点のものです。アイテムの価格・仕様や販売状況は予告なく変更となる場合があります。