• レビュー
  • スタッフのやってみた

こだわりの道具で淹れる 豊かなコーヒー時間

体験者:高橋直也(STREE SAISONスタッフ/MD担当)
体験者:高橋直也(STREE SAISONスタッフ/MD担当) 文:栗橋 望

家で過ごすことが増える季節。コーヒーの楽しみ方は人それぞれとはいえ、おいしいコーヒーを自宅で飲みたいという声を聞くことが増えてきました。

コーヒーを淹れる方法の中で最もシンプルなのが「ハンドドリップ」。
道具と少しの用意があれば、誰でも手軽においしいコーヒーを楽しめるのが特徴です。
「家事問屋」シリーズでも有名な下村企販が考案した「珈琲考具(こうぐ)」シリーズは、ハンドドリップの味をさらにワンランク上に押し上げてくれると人気を集めています。

スタッフ高橋が「珈琲考具」を初体験

今回珈琲考具のシリーズをつかってハンドドリップに挑戦するのは、ストーリーセゾンMD(マーチャンダイジング)担当の高橋 直也。当サイトをご利用いただく皆様にとって魅力的な品ぞろえを実現するため、出店社向けの営業活動や新規提案に日々励んでいます。

ハンドドリップは数回経験があるものの、いつもはお店でコーヒーを買ったりして済ませているんだそう。「自分のコーヒーの好みは、酸味の少ない深煎り。道具でコーヒーの味がどれだけ変わるのか、今回の体験を楽しみにしてきました」。

雑味の原因をとりのぞいてくれるコーヒーミル

粉は豆よりも酸素にふれる表面積が大きいため、淹れる直前に必要な分だけを豆を挽くことがおいしいコーヒーへの第一歩。まずは用意したコーヒー豆を、珈琲考具 パウダーコントロールミルに少しずつ入れていきます。ハンドルの感覚が軽くなるまで回したあとは、下部を外してここで微粉末のチェック。
「ここの部品が外れるんですね?お、微粉末がしっかり分離されて、メッシュの外に出てるのが分かります」。

コーヒーミルで豆を挽くときにどうしても出てしまう微粉末は、コーヒーの雑味の原因とされています。珈琲考具シリーズではこのメッシュ部分の試作を繰り返し、燕三条ならではの金属加工技術で実現にこぎつけたのだそう。

注ぎ口にこらされた工夫が光るドリップポッド

ドリッパーにリネンフィルターをセットし、準備は万端!
いよいよお湯を投入します。

手首をほんのすこし傾けるだけで、スッとお湯が出はじめるドリップポッド。
注ぎ口を真下に注げる形状・角度と、注ぎ口の直径を極細にしたことで、自分の狙ったところにおもしろいようにお湯が注げます。
「の」の字を描くようにお湯を3回に分けて注いでいる最中も、フィルターの下部の隙間から珈琲が少しずつ落ちていく様子を視認できるので、慣れていなくても安心してドリップを続けられました。

10分ほどで完成!ハンドドリップの豊かな味わい

できあがったコーヒーの味はというと、「飲み口はすっきり軽いのに、ぎゅーっと香りと濃さが凝縮されて口の中いっぱいに広がります。しみじみとおいしいです」と満面の笑み。
スタッフ高橋によるとコーヒーの味を決めているもう一つの理由は、マグカップの口にあたる部分のなめらかさにもあるのだといいます。「唇にふれている部分のカーブが絶妙で、カップを介さず直接コーヒーが口の中に入ってくるような不思議な感覚…」と、マグカップをいろんな角度から観察していました。
「道具の選び方ひとつでコーヒーの味が変わるんですね。自分の手で淹れる、ハンドドリップは格別。ふっと一息つける、大切な時間になりました」。

手入れまで計算されたステンレスの清潔さ

コーヒーを味わった後は、しっかりお手入れまですませるのが高橋流。
「ステンレスが素材なので、サッと流すだけでほとんどの汚れが落ちてしまいました。どれも水切れがよく、ドライの時間も短くてすみそう」。伏せた姿でも分かるキリっとシンプルなたたずまいは、キッチンの中に美しく溶け込んでくれます。

考えられた道具=「考具」で楽しむハンドドリップ

豆を挽いてからハンドドリップしてコーヒーを飲むまでの時間は10分ほど。
珈琲考具シリーズは、生活のシーンをいろどってくれるばかりでなく、使えば使うほどその良さが手になじんでくことで、毎日のコーヒー時間がより楽しく、より豊かなものになります。
自分の手で淹れたとっておきの味わいをじっくり楽しむ時間、感染症対策で自宅にいる時間が増えた今こそ、生活に取り入れてみませんか?

今回使用したのは猿田彦珈琲のコーヒー豆です。



※記事の内容は2020年12月公開時点のものです。アイテムの価格・仕様や販売状況は予告なく変更となる場合があります。